設計コンセプト

住宅
人それぞれ性格が異なるように生活のパターンもそれぞれに違いがあります。
住み手と交わす会話の中から生活の本質を読み取り空間を作っていきます。
今まで持っていた概念にとらわれず、フレキシブルに空間をとらえることが大切です。
何十年も付き合っていく我が住宅。 「シンプル」に、けれども何か一つ自分達らしさを表現できるものがあるはずです。
店舗
機能性を最優先し、誰にでも使い勝手の良い空間づくりを目指します。
更に、店の個性をいかに演出するかがポイントです。
主役はあくまでも商品です。それを引き立たせる室内デザインを作っていきます。
集合住宅
個々住戸の配置計画を大切にし、それと同様に共用スペースの使われ方にも気を配ります。
プライバシーを確保しながらコミュニティーの場を作っていきます。
集合住宅におけるコミュニティー空間はひいては地域のまちづくりへと繋がっていきます。
リフォーム
使い勝手を良くし、健康的な住空間への改造です。
室内の古い材料が現在のライフスタイルと合わないということもよくあること。
住み手にとって真に必要なものとそうでないものを見極めることが大切です。
今まであった不要なものを取り除き、シンプルな動線計画の中に光と風を取り込みます。